椅子に座ったままのストレッチ

椅子に座ってのストレッチを紹介します。デスクワークの時での動作も含みます。別項目にしたのは、オフィスワーク時には、他人の迷惑になってできないような動きも含むからです。会社は、仕事をするところです。仕事は、ひとりでするものではありません。自身の体に負担が掛かっているからと言って他人の迷惑も顧みずストレッチをしていては、作業妨害になります。健全なオフィスワークを続けるためにも、気を付けていただきたいです。それでは説明致します。

 
・前方に倒す。
簡略します。ゆっくり行うようにしてください。

・横に倒す。
背筋を伸ばしてください。あくまでもリラックスした状態です。両腕をまっすぐ上に伸ばします。両手を握り、ゆっくり右側に上半身を傾けます。左側の半身が伸びていることを意識しながらだと、ねじれが起きることもないはずです。この時、お尻はきちんと腰かけたままの状態を維持してください。上半身に引かれて腰を上げてはいけません。伸びきったことを感じたら、ゆっくり元に戻し、左側も同じように伸ばします。終えたら、後ろにも反らします。息を吸いながら反らしていき、数秒止め、吐きながら元の姿勢に戻します。

・膝を抱えて伸ばします。
上半身を伸ばしたら、最後は腰からお尻に掛けてを伸ばします。右側の足を膝から抱え込みます。膝の位置を高く、胸のあたりまで引き込みます。数秒そのままでいたら、足を下し、左足も同じようにします。

 

 

 

カテゴリー