立った状態でストレッチ

前頁は椅子に座ってのストレッチでした。同じことを、立った状態で行う場合の方法です。立ったままでもできますが、反動がつけやすく、また、座った状態でするよりも人によってはやりにくいと思われる方もいらっしゃるかと思います。行いやすい方を選択してください。

 

・まっすぐ立ちます。
ふだん猫背で歩いているかたは、まっすぐ上に引かれているような感覚を持ってみてください。間違っても、背中を丸めた状態ではないはずです。リラックスしてその状態になったら、次は肩幅に足を開いてください。

 

・足は伸ばしたまま、上半身を倒します。
両手が地面につくようにと意識してほしいのですが、腰痛の方には前に傾けることすら大変かと思います。この時に重要なのは、ひざの裏がのびていることを意識することです。反動をつけてはいけません。ゆっくり、痛くない程度にまで伸ばしてください。数秒その姿勢で止まります。

 

・上半身を反らします。
次は逆側、つまり上半身を後ろ側に反らせます。この時も、一度まっすぐ体を伸ばしてから、反動をつけずに、反らします。背中の筋が伸びていることを意識してください。痛くない程度です。手を腰に当てて支えにするとより力を入れやすい状態になるでしょう。

 

 

カテゴリー