‘未分類’ カテゴリー

クレジットカードの手数料を支払うメリット

どんなメリットがクレジットカードの手数料を支払う場合にはあるのでしょうか。カード会員がクレジットカードで買い物をすると、カード会社が利用料金を立て替える仕組みになっています。クレジットカード会社が利用料金を代わりに支払うのは、利用料金が口座から支払われる日までに、カード保持者が自分の銀行口座にお金をいれておいてくれるという信用から成り立っていることによります。

 

だいたい利用代金の3~7%ほどに決められている加盟店手数料というものを、信用の証明として代わりにカード会社に払うのが加盟店のほうです。加盟店は手数料を支払うので、カードを利用して購入する客の場合は、儲けが減ってしまいます。現金を持ち合わせていない客や、高額商品の購入をあきらめてしまうといった売り逃がしを減らすことができるメリットもあります。結果としてクレジットカードのおかげで店の利益は増加することになるといえるでしょう。多少のクレジットカードの手数料を支払っても利益が得られるようになっています。なかなか現金だと購入できなくても、クレジットカードの場合には思い切って買うという人も多いようです。

 

クレジットカードには、今いるお客を取り逃がすことがないという利点が店側にはかなりあるといえます。クレジットカード会員もクレジットカード会社に利用料金を肩代わりしてもらう形になり、手数料がクレジットカードの利用手数料というわけです。クレジットカード会社は、加盟店からは加盟店手数料と引き換えに、売上げアップのメリットをクレジットカード会員にはクレジットカード手数料と引き換えに、商品を購入しやすくするメリットを与えているというわけです。

 

 

 

 

 

クレジットカードの支払方法

最近は、クレジットカードの保有率が高まっています。クレジットカードの支払いには、どんな方法があるのでしょう。クレジットカードの支払方法にはいくつか種類がありますが、一般的によく使われているのが一括払いです。一括払いはマンスリークリアとも呼ばれており、カード決済をした次の支払日に全額返済します。クレジットカードを使う時の90%は、一括払いを利用しています。

 

この他の返済方法としては、リボルビング払いと分割払いが使われています。分割払いは買い物代金を3回、6回、15回などのように月ごとに分けて支払う方法です。クレジットカード利用ごとに支払回数を指定できるのが特徴です。金利は支払回数に応じてつきます。クレジットカードの分割払いのいいところは、その時々の都合に合わせて返済回数が決められる点です。何回で支払いが終わるかを決めやすいので、計画的に支払いをすることが可能です。デメリットは複数の買い物を分割払いですると、月々の返済が苦しくなる場合があるということです。

 

リボルビング払いとは、予め決めた限度額以上の返済は、来月以降に持ちこすという返済方法です。1ヵ月につき1万円を返済の上限にしていれば、10万円ぶんカードを使い、更に15万円ぶんカードを使っても、利息はつきますが支払いは1万円です。毎月の支払いが一定なので、家計管理がしやすいのがメリットです。買い物が増えれば支払い回数が増えて金利もアップするのがデメリットです。クレジットカードの支払方法にはさまざまなものがありますので自分に合ったものを選択しましょう。

 

 

 

 

 

床に座った状態でのストレッチ

juunan480

 

床に座った状態でのストレッチを2種類、前頁で解説致しました。ここでもまた床に座った状態でのストレッチになります。床に座って足を伸ばした状態でのストレッチを、説明いたします。これは、腰痛のためのストレッチよりも、筋肉をほぐすことに重点を置いているものだとお考えください。前頁での方法のみでも構いません。足先の筋肉はふだん使わないため、ストレッチの際に一緒にほぐしてもらうと、より柔軟でしなやかな体になります。先端、末端がしなやかであればあるほど使いやすい筋肉になります。腰は体の中心で全身を支えているものだと考えると、末端である足先の筋肉をほぐし鍛えることは、足全体、ひいては腰を支えるものにも通じます。それでは、方法です。
・片足を伸ばします。
両足ではなく、片足を伸ばします。伸ばしていない足は力を抜いてください。伸ばしている足と同じ側の手で、つま先を体側に引きます。踵(かかと)は床に付けたままで、足の裏だけ引かれているようになります。足、足の裏、太ももの裏などが引かれている感覚あるでしょうか。痛くない程度にしておいてください。無理にはしないでください。数秒経ったら、手を離して足を替えてください。反対側の足も同じように痛くない程度にしてください。

 

 

 

立った状態でストレッチ

前頁は椅子に座ってのストレッチでした。同じことを、立った状態で行う場合の方法です。立ったままでもできますが、反動がつけやすく、また、座った状態でするよりも人によってはやりにくいと思われる方もいらっしゃるかと思います。行いやすい方を選択してください。

 

・まっすぐ立ちます。
ふだん猫背で歩いているかたは、まっすぐ上に引かれているような感覚を持ってみてください。間違っても、背中を丸めた状態ではないはずです。リラックスしてその状態になったら、次は肩幅に足を開いてください。

 

・足は伸ばしたまま、上半身を倒します。
両手が地面につくようにと意識してほしいのですが、腰痛の方には前に傾けることすら大変かと思います。この時に重要なのは、ひざの裏がのびていることを意識することです。反動をつけてはいけません。ゆっくり、痛くない程度にまで伸ばしてください。数秒その姿勢で止まります。

 

・上半身を反らします。
次は逆側、つまり上半身を後ろ側に反らせます。この時も、一度まっすぐ体を伸ばしてから、反動をつけずに、反らします。背中の筋が伸びていることを意識してください。痛くない程度です。手を腰に当てて支えにするとより力を入れやすい状態になるでしょう。

 

 

椅子に座ったままのストレッチ

椅子に座ってのストレッチを紹介します。デスクワークの時での動作も含みます。別項目にしたのは、オフィスワーク時には、他人の迷惑になってできないような動きも含むからです。会社は、仕事をするところです。仕事は、ひとりでするものではありません。自身の体に負担が掛かっているからと言って他人の迷惑も顧みずストレッチをしていては、作業妨害になります。健全なオフィスワークを続けるためにも、気を付けていただきたいです。それでは説明致します。

 
・前方に倒す。
簡略します。ゆっくり行うようにしてください。

・横に倒す。
背筋を伸ばしてください。あくまでもリラックスした状態です。両腕をまっすぐ上に伸ばします。両手を握り、ゆっくり右側に上半身を傾けます。左側の半身が伸びていることを意識しながらだと、ねじれが起きることもないはずです。この時、お尻はきちんと腰かけたままの状態を維持してください。上半身に引かれて腰を上げてはいけません。伸びきったことを感じたら、ゆっくり元に戻し、左側も同じように伸ばします。終えたら、後ろにも反らします。息を吸いながら反らしていき、数秒止め、吐きながら元の姿勢に戻します。

・膝を抱えて伸ばします。
上半身を伸ばしたら、最後は腰からお尻に掛けてを伸ばします。右側の足を膝から抱え込みます。膝の位置を高く、胸のあたりまで引き込みます。数秒そのままでいたら、足を下し、左足も同じようにします。

 

 

 

カテゴリー